蔵珍窯の茶わんづくり

あれは、新緑を透して、さわやかな春風が吹く日のことでした。

こだかい山の中にある建物の中で、器の展覧会をしておりました。

そこに訪れた一人のご老人、ひと通り器をご覧になった後、私に近寄り

一言 「大人が使えるような小さなご飯茶碗は無いかいなぁ」

思い返してみれば、世の中の小さなご飯茶碗は

子供用の可愛らしい絵や、キャラクターが施されたものばかりでした。

そうか、大人用のご飯茶碗といってひとくくりにできないのか。

ご飯茶碗のありかたに気づかされた一言でした。

そこから考えました。

20代と80代では同じ大人でもご飯の量は明らかに違うはず。

また、病気などでご飯の量が制限されている人もみえるし、

ダイエットをしたい人やアスリートに於いては

特にシビヤになる事柄。

そう考えると、あらゆる人にあった、大きさやデザインが必要となる。

 

蔵珍窯あげての一大プロジェクトが始まりました。

 

土の種類、釉薬の種類、絵の具の種類

形、大きさ、下絵、上絵、絵柄、色、

コンセプトはライフスタイルに合ったご飯茶碗。

 

職人を集めて、試行錯誤・・・

出来上がった茶碗は300種類

 

大人向けの柄で、小ぶりな茶碗はもちろんのこと、

子供向けの柄には転がりにくい工夫を施したり

ありとあらゆる、形、柄のものができあがりました。

 

ご飯茶碗は・・・

毎日使うものだからこそ気に入ったものを使いたい。

毎日使うものだからこそ手になじむものを使いたい。

毎日使うものだからこそ大切に選びたい。

 

蔵珍窯のご飯茶碗で、皆様の食卓と心が豊かになって頂ければ幸いです。

ごはん茶碗のこころ

「飯」は「召し上がる」の「召し」からの転訛だそうですが、めし碗のことを「ご飯」と言うようになったのはいつからでしょう

 

春夏秋冬、麺、パン党も一日一度はご飯

やわらかく小さな可愛らしい手にも

がっしりと大きなたくましい手にも

しっくりとおさまりのよいご飯茶わん

 

炊きたての白いご飯に美しい磁器の丸碗

お茶漬けサラサラ、とろろご飯に平茶碗

四季の山海の幸入ご馳走ご飯に趣の碗

 

食卓に笑顔が揃ったら

さあ−おいしく召し上がれ